遠距離恋愛中の彼とのことを書き綴ってみようかなと。


by ring-km
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Happy Birthday!!

19日は彼の誕生日でした。時差がちょうど12時間なのでお昼休みにこっそり抜け出し、車の中で携帯からカナダへ電話しました。もちろん、日付が変わって一番に「Happy Birthday!」を言う為に。電話に出た彼は、びっくりするやら大変な興奮の仕方だったけど、喜んでくれて良かった。携帯からの電話はお金がかかる、ということで早々に切ってしまったけど、朝起きたら私からのカードが読める、と楽しみにしてたみたいです。そして、その日は帰ったらなんとホストマザーから手紙が!むっちゃ嬉しい!私は老夫婦(と言っても、全然元気でアクティブな2人)のところにホームステイをしていて、3年前にステイして以来、まるで我が家のようにカナダに帰ると必ずステイしているおうち。いろいろ事件があったけど、ほんとに良くしてもらって、私にとってはカナダの父と母と思っているくらい、大事な特別な人たちです。そんなホストマザーからの手紙は私にとってはやっぱり特別。・・・でもホストはものすごい達筆で、ましてや筆記体の苦手な私は読むのに一苦労です。なので、前回と同じようにスキャナーでスキャンして、彼に送って解読してもらうことに。手紙には近況と私たち2人の事が書いてありました。前に送った手紙で彼と付き合い始めたことなんかを書いたんだけど、ホストは私の家族は私をそんなに遠くにやりたくはないだろうけど、幸せをつかむ為には、どこに行かなきゃいけないか、っていうのは問題じゃないと。そして一緒に住んでみないとその人と本当に上手くやっていけるかどうかは分からないから、しばらく一緒に住んでみるのもいいんじゃない?と同棲が勧めてありました(笑)そして、最後には「この、人生の中でとても特別な時間を楽しみなさい」と書いてありました。カナダのお父さん&お母さんにこんなに理解してもらえて、ほんと嬉しいです。
そして、彼がカードを開けた後、私の手紙を読んでもらい、引き続きボイスチャットをしてました。そしたら、彼のお姉さん家族といとこが、誕生日のお祝いに来ました。で、彼はボイスチャットをオンにしたまま、リビングへ行ってしまい、私はネットサーフィンをしつつ音だけ聞いてました。彼の甥っ子のバースデーソングとか。いいなぁ~。楽しそう。しばらくして、彼が私の様子を見に来たところへお姉さんが!ボイスチャットがオンになってると知ったお姉さんは私に「彼をずっと引きとめてごめんねー。もうすぐ帰してあげるからね」と。そんな!いいんです!そして「(体に?)気を付けてね!またね」と彼へバトンタッチ。と代わったとたんに「She is so cute」と言ってるのが聞こえました。ありがとう、お姉さん。私のたどたどしい英語が可愛いと思ったのかも・・・?そんな、びっくりで嬉しい1日でした。来年は、ちゃんと一緒にお祝いしてあげたいな~。
[PR]
by ring-km | 2005-07-19 20:24 |